暗い原付電動スクーターのヘッドライト改善トライ|商品到着

原付の電動スクータで困っていることの
1つとして、ヘッドライトが暗いというのが
あり、それを改善トライ中です。
(昔々、ホンダのNS50Fという原付バイクに
乗っていましたが、その時もライトが暗かったという
記憶があります)

原付きバイク(スクーター)ユーザーの方なら、
同じように悩んだり困っていることかと思います。

先日の記事で紹介したように、amazonで販売されている
『e-auto fun バイクLEDヘッドライト BA20D Hi/Lo選択可
12W DC9-85V Bridgelux COBチップ 1200LM』

(商品名長いので、端折ってあります)
をポチッとしておきました。

所有している電動バイクは、BA20D(H4BS)規格のヘッドライトです。

翌日に届き(ありがたい!!)、早速交換したので、
その内容を紹介します。

商品到着

amazonでポチッとしたら、翌日には到着しました。
発注した時間にもよりますが、amazon発送なら、
翌日に配送されるので、便利です。
(もちろん、特典盛り沢山のプライム会員です。)

他の商品と同梱にて梱包されていましたが、
本体はこんなカンジです。

他製品との比較

BA20D(HB4S)規格の他社製LEDヘッドライトと比較を
してみましょう。

所有しているBA20D(HB4S)規格の中から比較するに
相応しいものを選んでみました。
(そんなに持っているわけでも無いですが)

下図の左から
・クロライト製U4BD(1面発光LED)
・e-auto fun製(3面発光LED)
・M&Hマツシマ製(ハロゲン)
です。

アバウトですが、端子面が一直線上になるように位置を合わせて
あります。

こう見ると、ハロゲンのハイとローにおける発光部との
位置関係の違いがよくわかります。

3面発光のe-auto fun製は、それぞれの発光部に位置を
合わせようとする設計意図を感じます。

一方、クロライト製のものは、ハイとローで
発光部を切り替えるようになってはいるものの、
1面発光で限られた発光部面積なので、どうしても
ハイとローの発光部の位置をハロゲンに合わせきれて
いなさそうという印象です。
(ロービームは先端側が発光、ハイビームは端子側が発光)

但し、クロライトの説明動画を見ると、白熱球の発光点
に合わせた設計がされているということです。

1面発光のLEDヘッドライトにおいては、同じ状況にあると
考えていました。
つまり、「白熱球のものとロービーム、ハイビーム時の
位置関係がずれているのでは?」と。

にも拘わらず、amazonで高評価多くのレビュー数
(つまりは多数売れている)を集める
1面発光のLEDヘッドライトが存在するということは、
その影響があまり無い場合もあるのだと想定しています。

または、クロライトの説明動画にあるように、白熱球の発光部と
位置を合わせた発光部になっているのかもしれません。
(そうだとすると、白熱球とハロゲンの発光部位置に
差があるということになりますが)

いずれにせよ、ヘッドライトのユニットとしてどうか、という
点で確認をしないといけません。

e-auto fun バイクLEDヘッドライト BA20D 使用レビュー

まずは、『e-auto fun バイクLEDヘッドライト BA20D』
を詳しく見て行きましょう。

まず、トップ部ですが、プロジェクター式のランプとなっています。
ブルー発光ということで、色は青です。


※amazon商品ページより転載

点灯状態は、このようになります。

※amazon商品ページより転載

そして、「発光イメージ」として紹介されているイメージ図です。
ロービーム時に2面、ハイビーム時は3面が発光します。

※amazon商品ページより転載

ちなみに、バイクに装着した状態だと、上図と上下関係が逆になります。

この発光イメージを見ていると、やはり標準の白熱球タイプから
LEDヘッドライトへの交換は、
リフレクターとの相性がポイント
となりそうです。

クロライトのLEDヘッドライトを最初に装着した時の
レビューにおける所感と同じです。

現時点の結論 使用するLEDバルブ

『e-auto fun バイクLEDヘッドライト BA20D』を購入し、
クロライト製のものと交換するか、そして補助として追加で
装着している作業灯を取り外せるか?という点ですが、
現時点での結論を紹介しましょう。

・e-auto fun バイクLEDヘッドライト BA20Dへ交換する
・クロライト製のものを継続使用する
(e-auto funのトップ部にあるプロジェクター式のものが
薄青い色の光なので、念の為使用しないことにしました)
・作業灯はそのまま装着しておく

ロービームの場合は、明らかにe-auto fun バイクLEDヘッドライト BA20D
の方が前方の照射範囲が広く、相対的に視認性が良いです。
ハイビームだと、大きな差は感じませんが。

そして、作業灯に頼らざるを得ないという状況に変わりは無いので、
作業灯はそのまま装着しておく、ということになります。

夜にヘッドライトを点灯させた時の比較については、
撮影をして紹介する予定です。
※クロライトを継続使用することにしたのと、発光色が
薄い青のものを紹介するのもどうかというのがあるので、
紹介は控えます。

そろそろ乗換えが近いので、更にLEDヘッドライトを購入する
予定はしていなかったのですが、記事を書いていて、
もっと改善したいなぁと感じています。

その候補はコレだぁ!!

amazonでハーレー用として販売されているものです。

いずれにせよ、発光状態の比較ができるように撮影して
紹介することにします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

ブログランキングに参加しています。
いつも心温まる応援ありがとうございます
にほんブログ村 バイクブログ 電動バイク・電動スクーターへ
にほんブログ村


電動バイク・スクーター ブログランキングへ

コメントを残す