連休前にクルマのケア|燃料系洗浄剤F-ZERO

いよいよお盆休みの連休突入という方が
多いと思います。
(個人的には関係ないですが)

車やバイクで遠出をする方は、出発前に
メンテナンスをお忘れなく。

バッテリーのコンディション確認タイヤのエア圧確認
など、普段あまりケアしていないという場合でも、
これを機会に確認してくださいね。

さて、個人的に連休とは関係なく(笑)
燃料系の洗浄を行ったのですが、
あまりの(意外な)効果を実感/体験したので、
シェアさせていただきます。

お近くのカー用品店なり通販で手軽に手に入り、
コストもさほどかからず、時間も数分ということで
お手軽な部類のメンテナンスだと思います。

そして
この効果はスゴイ!!
ということなので、特に低年式の車やバイクにお乗りの
方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

PITWORK(ピットワーク)の燃料系洗浄剤 F-ZEROを試した結果

効果がきちんと出る、体感できるカー用品を探している中で、
amazonユーザーレビューにてレビュー件数多いうえに
評価が高いものを見つけました。

そして、それが知っていた商品だったので、
「試してみるかぁ!!」
とamazonの定期おトク便でポチっと。

レビュー結果を重視したのと、「2回連続して注入すると効果的」
という記載があったので、1回で終わりってことは無いだろうし、
「ある周期で使ってみるか!!」となるかもしれないので、
定期にしました。

購入を決めて、次に給油するタイミングまでに定期おトク便の
配送タイミングが来るというのも理由の一つです。
(決めてからタイムリ-に来て欲しいですからね)

で、試してみると、その予想以上の効果に驚き、嬉しくなった
という結果です。

<車両>

2003年製 NCP-81 シエンタ 走行距離:約6万km

<体感した効果>

ほぼ定速での走行状態で、
一旦アクセルを離した後に軽くアクセルを踏んだ時の、
「トンという音」「ちょっとしたショック」
がほぼ無くなりました。

また、エアコン使用状態で、アクセルを軽く踏んだ時に
一瞬かつ微かなノッキングがあったのですが、
無くなりました。

両方共、F-ZEROを注入した日に体感できました。

ええ、最初はプラシーボか?(笑)と思ったくらい
意外でした。

で、気になったので、現象が発生しやすい状況を
作って試してみたのですが、現象がほぼ発生しなく
なりました。

アクセルを軽く踏んだ時にトンという音とちょっとした
ショックは、発生しやすい状況を作ってみると、
微かにあるな~というのがあるので、完全に無くなった
わけではありません。

また、エアコン使用時の話も、意地悪試験的に
条件変えると発生するのかもしれません。
が、自分で試した範囲では、発生しませんでした。

仮に効果が出るにしても、しばらくして「そういえば・・・」
という結果を想定していたし、ここまで効果が
出るのは嬉しい誤算です。

ちなみに、燃費については、
未だ効果のほどは分かりません

毎回、給油量と走行距離は記録しているので、データとして
比較することは可能です。

なので、データを比較すること自体は
可能なのですが、有意差があるかどうかの
判定は簡単では無いと考えています。

自分としては、気になる現象が大きく改善
されたので、一先ずそれで充分です。
が、せっかくなので、燃費も良くなった!!
とニンマリしたいですけどね。

ちなみに、シエンタで同様の現象が頻発
してないのかとググってみましたが、
ヒットしませんでした。

駆動系かな~?と思っていただけに、
そういう意味でも意外です。

燃料系洗浄剤 F-ZEROとは

PITWORK(ピットワーク)とは
『純正部品と変わらない高い品質を確保しながら、
日産車以外にも幅広く適用可能な汎用性を備えた
補修部品のブランド』として日産が展開しています。

どの商品にもPITWORKのロゴが大きく表示されている
ので、ご存知の方が多いと思います。

そして、F-ZEROはWAKO’S(ワコーズ:和光ケミカル)が
OEMで供給している商品です。

WAKO’Sブランドでは、洗浄系添加剤
F-1(FUEL-1:フューエルワン)
として販売しています。

同じものならお安いものが良い!!ということで
今回はF-ZEROを選択しました。

で、購入するうえで安心材料となった
amazonユーザーレビューですが、
・ピットワーク F-ZERO:156件 4.5点
・ワコーズ フューエルワンF112:1,073件 4.4点
・ワコーズ フューエルワンF101:30件 4.3点
(いずれも、記事作成時点)

フューエルワンF101は、F112の新商品とのことです。
容量が300mlから200mlということになっています。

濃度について、「1%を超えないように」という指定は
同じで、
F101は燃料20~60Lに1本、
F112は燃料30~60Lに1本、
という指定になっています。

燃料の量に対する指定の仕方が気になるのですが、
基本は新商品であるF101の方が良いのでしょうかね。

新商品の方が小さい番号というのも気になるのですが(笑)

F-ZEROのライバル、同等品は?

同じジャンルの商品としては、
AZ(エーゼット) FCR-062
STP(エスティーピー) スーパーガストリートメントS-32
などがあります。

成分やレビュー内容の違いなどを紹介しようとも思ったのですが、
ご興味の有る方が御自身の目で確認したほうが良いと
思うので、ぜひご確認下さい。
特にSTPはカー用品店で良く見かけるのでお馴染みだと思います。

燃料系の洗浄をするなら

・インジェクターを外して専門業者さんに依頼する
(外す作業を業者さんに依頼すれば、自分で
イジる必要は無い)
・いっそのこと、インジェクターを新品や
リビルド品に交換する
というのも選択肢になります。
(コストが数万円から数十万円、要する日数も
短くはありません)

が、まずはケミカル製品を試してみるのが良いと
個人的には思います。
もしくは、定期的に使用して、特段の対応が必要となる
可能性を抑えるというのも良いですね。

オススメできるのは?

予防的に高年式車(バイク含めて)に使うのも良いのでしょうけど、
効果が分かりやすいであろう
低年式の車やバイク
に使用してみるのが良いと見ています。

また、エンジンをチューニングしたり、ECUを
セッティングする(している)という場合には、
やはり本来の性能を発揮できる状態を維持する
という観点から、定期的に使用するのが良いと
考えます。
(昔、NA6ロードスターにフリーダムというフルコンを
使用していましたが、その当時にそういったことを
どの程度ケアしてたかな?と思いを巡らしてしまいました)

今回の商品に限らず、車やバイクを本来の状態で
使えるように、ケアしていきたいですね。

そうそう、自分や家族のケアも、モチロン大事ですが。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
またのご訪問を、心よりお待ちしております。

ブログランキングに参加しています。
いつも心温まる応援ありがとうございます
にほんブログ村 バイクブログ 電動バイク・電動スクーターへ
にほんブログ村


電動バイク・スクーター ブログランキングへ

コメントを残す