ヤマハが四輪車参入

日本経済新聞1面に掲載されていた記事を紹介します。
ヤマハ発動機が、「2019年までに欧州で四輪車の生産を始める。
現地で2人乗りの小型車を製造・販売する。」とのことです。
とうとう、ヤマハもクルマメーカーですね。
日本企業が9番目の乗用車メーカーが誕生ということになるようです。

日経新聞によれば、「エンジンの排気量が1000㏄のガソリン車と、
電気モーターを搭載する電気自動車をそろえる」とのこと。
「二輪車のように俊敏に動き、ドライバーとの一体感がある」車に
する方向のようです。
いや~楽しみですねぇ。

ヤマハの四輪車参入は、以前から前触れがあった話なので、
いつからかな~?という見方をしていました。
そして、現実の話として決まったようなので嬉しいです。

バイクで言えば、ホンダとヤマハならホンダが好みだったりするのですが、
最近はヤマハにも好印象です。
というのもTRICITYの存在があります。
「アレ」をメーカーとして発売するという姿勢に惚れました。
他のメーカーでも試作品とかショーモデルとかでは見かけますが、
やはり「販売する」というのは別格です。

個人的には、「電動」でも販売して欲しいです!!。
というか、ベース車両として良いレイアウトだと思うので、
ぜひ「販売」して欲しいです、メーカーとして。

と言いつつ、自分で電動化というカスタムを事業として手掛けたいという
のはありますが。
ま、そういうことを言うには時期尚早ですが・・・。
いずれにせよ、「カスタム」という路線で考えています。

ブログランキングに参加しています。
いつも心温まる応援ありがとうございます
にほんブログ村 バイクブログ 電動バイク・電動スクーターへ
にほんブログ村


電動バイク・スクーター ブログランキングへ

コメントを残す