パーソナルモビリティ普及に向けて:現実に目を向けて

パーソナルモビリティ普及により、より快適に、より環境負荷を小さく・・・
ということを考え行動しています。
で、あまり堅苦しく考えて実際に何も変化しないというのでは、絵に描いた餅
のようになってしまうので、現実に引っ張られすぎないように配慮しつつ
具体的に活動したいと考えています。

今まで、電動バイクや、一時期とても話題になった四輪の「パーソナルモビリティ」
をメインに捉えていました。
でも、その普及に向けて時間がかかるのであれば、まずは迅速に活用できるものを
広める方が良いということで考えています。

その、迅速に活用できるものというのが、電動アシスト付き自転車です。
これは、実際に販売されていますし、活用の幅が広がりつつある状況です。
そして、まだまだ普及する可能性があるし、もっと活用範囲を広げられます。

その一つの可能性を示すものをニュースとして見ました。
それが「リヤカー付き業務用電動アシスト自転車を集配業務に使用し、
効率化などを検証する。」というものです。
ヤマト運輸とヤマハ発動機が行うもので、経済産業省などの認定を受け、
アシスト力を高めた車両を使う、とのことです。

このリヤカー付きとか、アシスト力を高めた(法の規制あり)というのが
活用範囲を広げる方向に働くものと期待しています。

ということで、自転車本体の開発・製造・販売にさほど大きな障害は
無いと思うので、それをさらに活用しやすい環境を整えることが
重要であると考えています。

その方向についても、考えて行動していきます。
その対象として、主に
・自然エネルギーを走行用バッテリー充電に用いる
・雨天時、荷物運搬など、日常使用での利便性向上
などを考えています。

ブログランキングに参加しています。
いつも心温まる応援ありがとうございます
にほんブログ村 バイクブログ 電動バイク・電動スクーターへ
にほんブログ村


電動バイク・スクーター ブログランキングへ

コメントを残す