タイヤの空気圧点検と充填

昨日に続き、タイヤの話題を。
パーソナルモビリティ/ユニバーサルモビリティにおいて、
タイヤは切っても切り離せないものですから。

自動車やバイク、自転車など、タイヤを使用している乗り物においては
必ずと言っていいほど必要となるのが空気圧の点検と調整です。

ついつい忘れがちになりますが、ガソリンスタント(サービスステーション)
によっては無料でやってくれたりする所もあるので、給油のついでに
やってもらうのが良いですね。

自転車は、自分でやることになりますね。
車椅子なども同様に、自分でやることになりますね。
電動車椅子の点検や調整などがどのように実施されているのか、
色々と調べようと考えています。

空気圧が低すぎると、走行時に不安定になり危険ですし、車やバイクは
燃費の悪化、自転車でも余計なチカラが必要になり、悪いことばかりです。

車椅子においては、「駐車ブレーキが効かなくなるおそれがあります」との
警告をヤマハの電動車椅子の説明書にて記載がありました。
(空気圧と駐車ブレーキの効きの関連が個人的にはイメージしにくいのですが)

最近、同じアパートの住人の方が、自転車のタイヤへの充填に苦労していました。
コンパクトな空気入れを購入したようなのですが、使いにくくてきちんと
使えないようでした。
ということで、我が家のものを貸してあげたら、すんなり充填できたので良かった
です。

この時に話をしたのですが、たまにしか使わないので、ついコンパクトなものを
購入したくなる、ということでした。
自分も、よくわかります。
残念ながら、専有スペースが狭いですから・・・。
そして、使用頻度が低いけど、経年劣化があるので、数年で使えなくなるんですよねぇ。

タイヤへ空気を入れるための入り口となるバルブには、数種類あります。
その種類と主な用途は、以下のようになります。
米式:自動車、バイク、MTBなど
英式:一般的な自転車(軽快車)
仏式:ロードレーサー、MTBなど

ついつい後回しにしてしまいがちですが、自分が乗る乗り物のタイヤ空気圧を
気にしてみて下さい。
そして、必要に応じて空気の充填もして下さいね。
自分も、メンドウがらずに実施するようにします(笑)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
いつも心温まる応援ありがとうございます
にほんブログ村 バイクブログ 電動バイク・電動スクーターへ
にほんブログ村


電動バイク・スクーター ブログランキングへ

コメントを残す