路面-タイヤを通じて無線給電

3月15日付の日経新聞へ掲載されていた記事の内容について書きます。
「電界結合方式」と呼ばれる無線給電技術で、道路からタイヤなどを
通じでモーターへ電力を供給することができるというものです。

『タイヤのゴムは電気を通さないが、補強するためのベルトやワイヤが
埋め込まれている』のです。
(スチールベルトというのを聞いたことがあると思います)
そして、数㍋ヘルツの電流だと、じかに接触していなくても、近づいた
金属片同士の間に電界が生じます。
この原理を使用しているようです。

インバーターで超高周波へ変換し、道路の下に敷いた金属シート製の
電極線路に流すことで、その上にタイヤが重なると電気が発生して
モーターへ電力を供給できるという仕組みになります。

豊橋技術科学大学の大平孝教授が2011年に考案し、大成建設と共同開発した
そうです。
2014年10月に開催されたシーテックジャパンにて、走行実験が公開されたそうです。
まずは工場や空港内など決まったコースを走る運搬車両向けに普及を目指している
そうです。

新しい技術なので、限られた環境、用途で実証実験することになりますよね。

新しい技術が様々な用途・環境でしっかりと実証実験を積み、実用化されることを
願っています。
個人的には、先日の記事「アシスト付自転車をワイヤレス給電」で紹介したように、
アシスト付自転車での早期普及を望んでいます。
それは、電動バイクへと広がりやすいでしょうし、そうなれば普及への弾みに
なると思うので。

無線給電の技術としては、今回の電界結合方式以外に、上の記事で紹介しているような
電磁誘導方式などがあるようです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
またのご訪問を心よりお待ちしております。

ブログランキングに参加しています。
いつも心温まる応援ありがとうございます
にほんブログ村 バイクブログ 電動バイク・電動スクーターへ
にほんブログ村


電動バイク・スクーター ブログランキングへ

コメントを残す